医師紹介

医師挨拶

菊地内科・呼吸器科 院長
菊地弘毅
平成6年11月の開設以来、山本朝子医師と二人三脚で、またスタッフとの総力でここまでやってきました。当院の根底にあるのは、「患者さんにとって何が一番いいのか」ということですが、ロータリークラブの根幹に「四つのテスト」というものがあります。すなわち、「真実かどうか」「みんなに公平か」「好意と友情を深めるか」「みんなのためになるかどうか」ということです。地域医療の担い手を全うするには一医院だけで完結できるものではありません。更なる検査、治療のため病診連携を行っておりますが、紹介先を選択するにあたって、病院・施設などは固定することなく、病気の種類・家庭環境などを考慮して、さらに患者さん、ご家族の方の了解のもと行っております。一般内科医として、また呼吸器の専門医として初心を忘れることなく今後も益々精進する所存ですので、宜しくお願い致します。
菊地内科・呼吸器科 医師
山本朝子
平成6年に開院してから、17年が経ちました。医者になって一番長く勤務したところになります。小さな子供さんが、紳士・淑女となって来院したり、同年齢の方々が退職や、介護を始めたりなど時の経過を感じながら毎日診療しています。これからも地域に根ざして医師としての任務を果たしていきたいと考えています。

医師挨拶